大理石骨病(読み)だいりせきこつびょう(英語表記)marble bones; marble bone disease; osteopetrosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大理石骨病
だいりせきこつびょう
marble bones; marble bone disease; osteopetrosis

汎発性脆弱性骨硬化症。報告者の名を取ってアルベルス=シェーンベルク Albers-Schönberg病ともいう。骨格系が対称的に硬化し,骨端部が棍棒状に肥厚するまれな疾患で,病的骨折を起しやすい。貧血,脳神経症状などを伴うことも多い。遺伝性で,生後まもなく発病する悪性型と,少年ないし成人になってから発病する良性型とがある。原因は不明。対症療法を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だいりせきこつ‐びょう〔‐ビヤウ〕【大理石骨病】

古い骨を分解・吸収する破骨細胞の機能不全により、骨の内部にある空洞骨質が増加して緻密になり、全身の骨が硬化する遺伝性の疾患。骨折しやすく、造血障害や神経圧迫症状などを呈する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android