コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大用竜存 だいゆう りゅうぞん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大用竜存 だいゆう-りゅうぞん

1580-1665 江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)8年生まれ。曹洞(そうとう)宗。出羽(でわ)歓喜寺(山形県)の呑的に師事し,その法をつぐ。仙台泰心院の住持となり,三河(愛知県)竜海院に転住し,頭陀寺をひらいた。寛文5年10月2日死去。86歳。出羽庄内(山形県)出身。号は無住道人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大用竜存の関連キーワード天正

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android