コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大用竜存 だいゆう りゅうぞん

1件 の用語解説(大用竜存の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大用竜存 だいゆう-りゅうぞん

1580-1665 江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)8年生まれ。曹洞(そうとう)宗。出羽(でわ)歓喜寺(山形県)の呑的に師事し,その法をつぐ。仙台泰心院の住持となり,三河(愛知県)竜海院に転住し,頭陀寺をひらいた。寛文5年10月2日死去。86歳。出羽庄内(山形県)出身。号は無住道人。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大用竜存の関連キーワードアビス朝光の科学史一向一揆大阪城大坂城アビス朝石山戦争加賀一向一揆鳥取(市)東京大空襲

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone