大石武一(読み)おおいし ぶいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大石武一 おおいし-ぶいち

1909-2003 昭和時代後期の政治家。
明治42年6月19日生まれ。大石倫治(りんじ)の長男。昭和23年父の地盤をつぎ,国立仙台病院内科医長から衆議院議員(当選10回,自民党)に転じる。46年第3次佐藤内閣の環境庁長官。51年農相。52年参議院議員となり,58年新自由クラブにうつった。政界引退後,緑の地球防衛基金を創設し,会長。平成15年10月19日死去。94歳。宮城県出身。東北帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android