コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大祭司 ダイサイシ

デジタル大辞泉の解説

だい‐さいし【大祭司】

祭司の長。ユダヤ教では紀元前2世紀半ばまでレビ人アロンの直系男子が世襲したが、その後は政治的権力者らが任免権を握るようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だいさいし【大祭司 high priest】

エルサレム神殿の祭司長。本来ザドク家の出身者に限られていたが,ハスモン・ヘロデ時代以降政争の対象となり,この原則は崩れた。別名〈油注がれた祭司〉が示すとおり,任職にあたり,油を注がれて聖別された。この点,〈油を注がれた者〉(ヘブライ語でメシア)と呼ばれたイスラエルの王と等しく,黙示文学と新約聖書においては,終末のメシアが王と大祭司を兼ねるようになる。【石田 友雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大祭司
だいさいし

祭司長」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大祭司の関連キーワードヨハンネス・ヒュルカノス1世コマナ[カッパドキア]ヒュルカノス[2世]アリステアス書簡キリストの三職位テトラグラマトンヘブル人への手紙ヘロデ(大王)カトリック教会アレタス3世アンナーレスエラガバルスサンヘドリンマカベア戦争メルキセデクオニアス4世アロンの杖マカベア書ナボニドスゼカリヤ書

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大祭司の関連情報