大祭司(読み)ダイサイシ

世界大百科事典 第2版の解説

だいさいし【大祭司 high priest】

エルサレム神殿の祭司長。本来ザドク家の出身者に限られていたが,ハスモン・ヘロデ時代以降政争の対象となり,この原則は崩れた。別名〈油注がれた祭司〉が示すとおり,任職にあたり,油を注がれて聖別された。この点,〈油を注がれた者〉(ヘブライ語でメシア)と呼ばれたイスラエルの王と等しく,黙示文学と新約聖書においては,終末のメシアが王と大祭司を兼ねるようになる。【石田 友雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android