大禍日(読み)たいかにち

精選版 日本国語大辞典「大禍日」の解説

たいか‐にち タイクヮ‥【大禍日】

〘名〙 陰陽家のいう悪日の一つ。正月の亥の日、二月の午の日、三月の丑の日などがこれに当たる。この日は万事に大悪日とされるが、特に建築・旅立ち・仏事に凶という。大禍
※御堂関白記‐長和二年(1013)六月二七日「来月三日冝日也如何問、申云、彼日大禍日也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大禍日」の解説

たいか‐にち〔タイクワ‐〕【大禍日】

暦注の一。旅行・建築・葬式などを忌むという悪日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android