コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悪日 アクニチ

大辞林 第三版の解説

あくにち【悪日】

運勢の悪い日。不運に遭う日。凶日。あくび。

あくび【悪日】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の悪日の言及

【衰日】より

…除目始(じもくはじめ),官奏,陣定(じんのさだめ)等の公事,臨時大祓,大嘗会御禊(ごけい)次第使定,斎宮御禊等の神事,季御読経(きのみどきよう)日時定,盂蘭盆供(うらぼんく)等の仏事,薨奏,除服等の凶事はいずれもおおむね衰日を避けて行われた。このように,衰日は万事を避くべしといわれた悪日であるが,修善や出行にはさしつかえないともいわれ,必ずしも徹底的に守られず,この点で坎(かん)日,凶(会)日,重日,復日等他の悪日と似ているが,ただこれらは暦の上に記載され,広く社会的に利用されたのに対し徳日は特定の個人だけに適用される特殊な性格のものであった。【村山 修一】。…

※「悪日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

悪日の関連キーワード忌み日・忌日・斎日四日の悪日四季悪日三宅雪嶺下食日陰陽道凶会日大禍日羅刹日狼藉日五墓日伐日運勢凶日仏滅

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android