大竈(読み)おおがま

  • おおがま おほ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 年中行事、冠婚葬祭など人寄せの時の炊事のために設けた竈(かまど)。日常の煮炊き用のほかに設けたもので、餠つきの蒸籠(せいろう)をかけ、牛馬の飼料用にも使う。正月の供物を上げるなど尊重する風がある。
※浮世草子・好色貝合(1687)下「惣じて大竈(オホガマ)の食(めし)焼く女、給銀とらずにゐるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大竈の関連情報