コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒸籠 セイロ

デジタル大辞泉の解説

せい‐ろ【籠】

せいろう籠)」の音変化。

せい‐ろう【蒸籠】

方形または丸形の木の枠の底に(す)を敷き、糯米(もちごめ)・団子などを入れ、釜にのせてその湯気で蒸す器。せいろ。

チョンロン【蒸籠】

《〈中国語〉》中国の蒸し器。主に、木の枠に編んだ竹を組み込んだもの。中華鍋(なべ)にのせて用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

蒸籠【せいろう】

食物を蒸すための器具。湯を沸かした釜等の上に重ねて置き,下からの蒸気で蒸す。主として木製で角形と円形があり,底に小孔をあけた板または竹簀(たけす)を置く。→(こしき)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

せいろ【蒸籠】

せいろう。⇒せいろう

せいろう【蒸籠】

円形や方形の木枠の底が簀(す)になっていて、湯を沸かした鍋や釜の上にのせ、中に入れた料理・菓子・もち米・野菜などを下から蒸気で蒸す調理器具。器としてそのまま食卓に供することも多い。また、古く、蒸して作った時期があった名残で、そばなどの盛りつけにも用いる。◇「せいろ」ともいう。

チョンロン【蒸籠】

中華料理に用いるせいろう

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒸籠
せいろう

食物を蒸す道具。食物の蒸し器としては、古く土製の甑(こしき)が使われ、ついで曲物(まげもの)や桶(おけ)形の木製の甑が使用されたが、江戸時代になって蒸籠が発達した。蒸籠には角形と丸形がある。前者は井桁(いげた)に組んだ板の底に桟を打ち、簀子(すのこ)を敷いたもので、後者は曲物の器の底に簀子を敷き、湯のたぎっている釜(かま)の上にのせて湯気をあげて食物を蒸す道具であり、三つないし四つを重ね、上下交換しながら使う。手軽で手間が省けるし、薪(まき)も少なくて済むので、釜やかまどの発達につれて普及し、強飯(こわめし)とか餅搗(もちつ)きの米、団子、茶などをふかすのに使用されている。
 蒸籠の源流を考えるうえでは中国の蒸籠(チヨンロン)が注目される。蓋(ふた)を竹で編んだ円形の蒸籠で、主食のマントウ類を蒸したり、炊いた飯を蒸したり、各種のおかずを蒸すのに盛んに用いられている。[木下 忠]
『宮本馨太郎著『めし・みそ・はし・わん』(1973・岩崎美術社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の蒸籠の言及

【甑】より

…米などを蒸すための土器。木製品としても存在し,蒸籠(せいろう)とよばれる。円筒形か鉢形の器の底に1個ないし数多くの蒸気孔をあける。…

【蒸器】より

…食物を蒸す道具。広義には木製の〈せいろう(蒸籠)〉や金属製の蒸器を含むが,狭義には後者をさすことが多い。古くは(こしき)と呼ばれる土器が蒸器として用いられていた。…

※「蒸籠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

蒸籠の関連キーワードルーイーチュワントウパンチャンカオリャンチウパーパオファン蒸し器・蒸器トウフルー雪餅・雪餠大台ヶ原山蒸籠・蒸篭ういろうトウチータイ料理湯取り飯中華料理盛り蕎麦蒸しパン木目羹棹菓子檜物師天盛り

蒸籠の関連情報