コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大竹与茂七 おおたけ よもしち

2件 の用語解説(大竹与茂七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大竹与茂七 おおたけ-よもしち

1678-1713 江戸時代前期-中期の名主。
延宝6年生まれ。越後(えちご)(新潟県)新発田(しばた)藩領中之島村にすむ。正徳(しょうとく)2年大庄屋の不正にくるしむ村民をすくうため,藩にうったえた。大庄屋に買収された奉行所により大庄屋は無罪,与茂七ほか4名は死罪となり,正徳3年6月2日処刑された。36歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大竹与茂七

没年:正徳3.6.2(1713.7.23)
生年:延宝4(1676)
江戸中期の義民。新発田藩領,越後国蒲原郡中之島村(新潟県中之島町)の名主。宝永1(1704)年大雨による信濃川,刈谷田川,猿橋川決壊の際,独自の判断により,民有林のほか,藩有林を伐採して堤防保全に当てて被害を最小限にくい止めたが,無許可伐採の罪で大庄屋から藩に訴えられた。これはやむをえざる判断との理由で無罪となったが,正徳2(1712)年,中之島組大庄屋星野儀兵衛と中之島組名主との間で,借用証文,未進年貢などをめぐって争いが起こった。双方から藩に対する訴訟に発展し,吟味の結果名主側に非ありとの判決が下った。この際,与茂七は徒党を結び庄屋に非義を申しかけたとの理由で,翌年獄門に処された。一連の騒動の背景には,大竹家と星野家の争いがあったと考えられるが,与茂七は死後,義民として伝承されていった。<参考文献>畠山弄月子『義民与茂七実伝』,『編年 百姓一揆史料集成』2巻

(大橋幸泰)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大竹与茂七の関連キーワード原宏平新発田市新発田城新発田遠藤七郎左衛門小川弘小泉其明曾我士郎大道長安溝口宣直

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大竹与茂七の関連情報