大組(読み)おおぐみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「大組」の解説

大組
おおぐみ

新聞の印刷過程で,小組取捨選択したうえで適当に見出し,写真などを配置しながら,ページごとに紙面を構成していく作業。現在では,記者ワープロコンピュータで書いた記事をオンラインで受取り,それに整理部のつけた見出しを組合せながらコンピュータの画面上で構成している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「大組」の解説

おお‐ぐみ おほ‥【大組】

〘名〙 印刷で一部分ずつ組んだ小組の組版を一ページの大きさにまとめること。また、その組。
※厲人厲語(1910)〈杉村楚人冠〉時子「大組(オホグミ)が何時しか済んで、早や鋳造場へ下りたものと見えて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大組」の解説

おお‐ぐみ〔おほ‐〕【大組(み)】

新聞の組み版で、部分ごとの版を集めて配列し、1ページ大の版にまとめること。また、その版。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android