大蔵大根

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

大蔵大根[根菜・土物類]
おおくらだいこん

関東地方、東京都の地域ブランド。
主に世田谷区で生産されている。色は純白、根の上部から先まで同じ太さの円筒形で、肉付きが良いのが特徴。水分が少なく煮崩れしにくいため、おでん煮物に適する。11月中旬〜1月下旬にかけて収穫される。江戸時代、豊多摩郡(現在の杉並区周辺)の農民・源内がつくった「源内つまり大根」が原種とされ、世田谷の大蔵原に伝わって「大蔵大根」となった。以後、昭和40年代までは盛んに栽培されていたが、栽培しやすい青首大根の普及にともない、白首系の大蔵大根は次第に姿を消した。のち地場野菜の見直しが図られ、1997(平成9)年度から世田谷区内の農家で再び栽培が始められ、復活した。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android