コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大蔵省兌換証券 おおくらしょうだかんしょうけん

百科事典マイペディアの解説

大蔵省兌換証券【おおくらしょうだかんしょうけん】

1871年,大蔵省が三井組に発行させた政府紙幣。新貨鋳造がまにあわないため,および財政収入の赤字補填(ほてん)のため,正貨兌換の約束のもとに10円,5円,1円の3種が発行された。
→関連項目紙幣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の大蔵省兌換証券の言及

【貨幣】より

…【作道 洋太郎】
[近代日本の貨幣法制]
 安政の開港により,日本へのメキシコ・ドルの流入と日本からの金貨の流出が激化し,貨幣制度は大混乱に陥った。明治新政府は,この混乱を静め,その経済基盤を確立するために,1868年太政官札(金札)の発行を布告したのを手はじめに,69年,民部省札,71年,大蔵省兌換証券,72年,新紙幣,開拓使兌換証券,81年,改造紙幣等々の紙幣を発行した。硬貨に関しては,当面,江戸時代の旧制によるとされたが,1869年以降,従来の四進法から十進法への変更,銀本位制ないしは金本位制の採用等々が種々検討された結果,71年の新貨条例により,金単本位制が採用されることとなった。…

【紙幣】より

…71年廃藩置県とともに従来発行の藩札約250種を政府の負債として受け継ぎ,新紙幣による統一整理の方針をたてたが,その完成は82年の日本銀行設立,85年の兌換(銀)開始まで待たねばならなかった。すなわち政府の財政困難によって政府自身紙幣の発行を続行し,1871‐72年には三井組の名義で大蔵省兌換証券・北海道開拓兌換証券を発行し,さらに72年以後明治通宝札を発行,政府直接発行の紙幣は80年の神功皇后札まで続いた。しかしその間,真実の商品流通に基礎づけられた銀行券の発行およびこれによって政府紙幣と代置する企図もつぎつぎに具体化された。…

※「大蔵省兌換証券」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大蔵省兌換証券の関連キーワード廃藩置県マーシャルインターナショナル新教育高田藩北海道開拓郵便切手日本科学史(年表)インターナショナル(音楽)田畑勝手作許可

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android