コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大薩摩文太夫(2代) おおざつま ぶんたゆう

1件 の用語解説(大薩摩文太夫(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大薩摩文太夫(2代) おおざつま-ぶんたゆう

?-1827 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
はじめ富士田吉次(きちじ)の門で長唄(ながうた)をまなぶ。のちに初代文太夫(3代大薩摩主膳太夫)に師事し,2代を襲名したといわれる。文政10年3月1日死去。常陸(ひたち)(茨城県)出身。別名に富士田新蔵(初代)。通称は鍋屋新蔵。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大薩摩文太夫(2代)の関連キーワードカニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング伊藤解析河井継之助(かわい・つぎのすけ)県の周産期救急医療システム小栗上野介忠順(ただまさ)薬の調剤ミス

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone