コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴーブル ゴーブル Goble, Jonathan

4件 の用語解説(ゴーブルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴーブル
ゴーブル
Goble, Jonathan

[生]1827
[没]1898
アメリカバプテスト派宣教師。ペリー提督とともに嘉永6 (1853) 年来日。のち万延1 (60) 年宣教師として再び来日,日本伝道に従事。聖書の和訳に努力。『摩太福音書』 (マタイ福音書) を出版 (71) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ゴーブル Goble, Jonathan

1827-1896 アメリカの宣教師。
1827年3月4日生まれ。嘉永(かえい)6年(1853)ペリー艦隊の乗員として来日。安政7年仙太郎をともない,日本最初のバプテスト派宣教師として再来日。明治4年日本語訳聖書「摩太(マタイ)福音書」を日本ではじめて出版。同年帰国し,6年N.ブラウンと三たび来日。ブラウンと横浜第一浸礼教会を設立。16年帰国。1896年5月1日死去。69歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ゴーブル

没年:1896.5.1(1896.5.1)
生年:1827.3.4
幕末明治期に来日したアメリカ・バプテスト派宣教師。19歳のときに脅迫のかどで2年間服役中に回心,海外伝道を志し,出所後,受洗。嘉永6(1853)年M.C.ペリーの日本遠征の海兵隊員となり,伝道の下見聞を行う。万延1(1860)年宣教師として再来日。建築業,通訳,製靴業,英語教育を行い,半ば自活しながら,聖書翻訳に従事。明治4(1871)年平仮名を基本とする『摩太福音書』を刊行。一時帰国。同6年N.ブラウンと共に再来日,横浜第一浸礼教会(横浜教会)を設立,書記となるも,信徒殴打事件などで宣教師解任。同12年アメリカ聖書協会の聖書販売人となり各地に伝道する。同15年妻エリザ死去,横浜外人墓地に葬り翌年帰国,不遇の晩年を送る。人力車発明,点字本の試作でも知られる異色の民衆派宣教師。<参考文献>川嶋第二郎『ジョナサン・ゴーブル研究』

(小檜山ルイ)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゴーブル【Jonathan Goble】

1827~1898) アメリカのバプテスト派宣教師。1871年(明治4)日本国内最初の聖書出版である全文平仮名の「摩太マタイ福音書」を刊行。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴーブルの関連キーワードパンペリーイーストレーキバプテストバプテスト教会バプテスマ亜米利加バプティズムアメリカ アメリカ曇慧ブリジェンス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone