カニング(英語表記)Canning, Charles John, Earl Canning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニング
Canning, Charles John, Earl Canning

[生]1812.12.14. ロンドン
[没]1862.6.17. ロンドン
イギリスの政治家,インド初代副王。 G.カニングの3男。 1836年下院議員となり,41年外務次官,56年インド総督に就任した。着任直後の 57年インド大反乱が起り,58年夏にはその鎮圧に成功。同年8月インド統治改善法が発布され,インド統治はイギリス東インド会社からイギリス王室の手に移り,カニングは初代副王とされた。 59年伯爵を授けられる。反乱の反省から,彼は各種の改革に着手し,軍隊の再編成,財政再建のための新税制の導入,小作人保護のための地代法の制定,裁判所機構の改組などを行なった。また 61年の参事会法によりインド人に官界への道を開くなど,親英層の育成に努めた。 62年退官。

カニング
Canning, George

[生]1770.4.11. ロンドン
[没]1827.8.8. ロンドン
イギリスの政治家。 1793~1827年下院議員。ピット (小) の政策を支持,1796~99年外務次官。 1807~09年ポートランド公内閣の外相。 16~21年リバプール伯内閣のインド監督局総裁。カスルレー (子) のあとをうけて再度外相 (1822~27) となり,神聖同盟の反動的な動きから離れた外交政策を展開。ラテンアメリカ諸国の民族主義運動には不干渉策をとり,23年旧スペイン領諸国の独立を承認。ギリシアのトルコに対する抵抗やポルトガルの民主派の活動など,ヨーロッパ内の自由主義的な動きを支援した。内政では自由貿易支持,W.ハスキソンと協力して穀物法の緩和に努力。議会改革には反対したが,自由主義的な彼の政治姿勢はホイッグ党からも支持を得た。 27年4月首相。まもなく病没

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カニング

英国の政治家。ホイッグ党からトーリー党に転向,ポートランド内閣で外相(1807年―1810年)となるもカスルレーと対立して辞職。1822年―1827年再度外相となり自由主義的外交政策を展開,モンロー宣言,ギリシアの独立を支援したが,内政においては選挙法改正に反対した。1827年首相就任直後,病死。
→関連項目カースルレーハスキッソン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カニング【George Canning】

1770‐1827
イギリスの政治家。イートンオックスフォードを経て,1794年代議士に当選,トーリー党に属した。すでに学生時代から才気煥発,雄弁をもって聞こえたが,議会にはいってからはピットに認められ,外務次官(1796‐99),海軍主計長官(1804‐06)などを歴任後,37歳でポートランド内閣の外相となり(1807),ナポレオン戦争遂行の任に当たった。だが,陸軍・植民相のカースルレーとうまくゆかず辞任し,彼と決闘して腿に軽傷を負った(1810)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カニング【George Canning】

1770~1827) イギリスの政治家。外相として自由主義外交を展開、中南米諸国やギリシャの独立を支援し、ウィーン体制に対抗。1827年首相。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

カニング

生年月日:1812年12月14日
イギリスの政治家
1862年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

カニング

(George Canning ジョージ━) イギリスの政治家。トーリー党に属し、インド相、外相などを経たのち、首相に就任。ウィーン体制に抵抗し、また自由貿易を唱えた。(一七七〇‐一八二七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カニングの関連情報