コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニング カニング Canning, Charles John, Earl Canning

6件 の用語解説(カニングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニング
カニング
Canning, Charles John, Earl Canning

[生]1812.12.14. ロンドン
[没]1862.6.17. ロンドン
イギリスの政治家,インド初代副王。 G.カニングの3男。 1836年下院議員となり,41年外務次官,56年インド総督に就任した。着任直後の 57年インド大反乱が起り,58年夏にはその鎮圧に成功。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カニング
カニング
Canning, George

[生]1770.4.11. ロンドン
[没]1827.8.8. ロンドン
イギリスの政治家。 1793~1827年下院議員。ピット (小) の政策を支持,1796~99年外務次官。 1807~09年ポートランド公内閣の外相。 16~21年リバプール伯内閣のインド監督局総裁。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カニング(George Canning)

[1770~1827]英国の政治家。各国の国民主権民族自決の運動を支援、ウィーン反動体制に抵抗した。1827年、首相となるが4か月後に病没。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カニング

英国の政治家。ホイッグ党からトーリー党に転向,ポートランド内閣で外相(1807年―1810年)となるもカスルレーと対立して辞職。1822年―1827年再度外相となり自由主義外交政策を展開,モンロー宣言,ギリシアの独立を支援したが,内政においては選挙法改正に反対した。
→関連項目カースルレーハスキッソン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カニング【George Canning】

1770‐1827
イギリスの政治家。イートンオックスフォードを経て,1794年代議士に当選,トーリー党に属した。すでに学生時代から才気煥発,雄弁をもって聞こえたが,議会にはいってからはピットに認められ,外務次官(1796‐99),海軍主計長官(1804‐06)などを歴任後,37歳でポートランド内閣の外相となり(1807),ナポレオン戦争遂行の任に当たった。だが,陸軍・植民相のカースルレーとうまくゆかず辞任し,彼と決闘して腿に軽傷を負った(1810)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カニング【George Canning】

1770~1827) イギリスの政治家。外相として自由主義外交を展開、中南米諸国やギリシャの独立を支援し、ウィーン体制に対抗。1827年首相。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カニングの関連キーワードブラックストンオックスフォードシューズオックスブリッジオックスファムオックスフォード街オックスフォードグレーオックスフォードストリートオックスフォード運河の殺人オックスフォードミステリー ルイス警部オックスフォード・グループ運動

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カニングの関連情報