コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソル ソル Sor, Fernando

6件 の用語解説(ソルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソル
ソル
Sor, Fernando

[生]1788.2.13. バルセロナ
[没]1839.7.10. パリ
スペインギタリスト,作曲家。 1790~95年モンセラト修道院で音楽を学び,並ぶもののないギターの名手となる。 1813年以後パリ,ロンドンモスクワなどをめぐり,28年パリに定住。ギターのためのソナタ,練習曲のほか,交響曲,オペラバレエ曲などを作曲した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ソル
ソル
Sol

(1) 北欧神話の太陽の馬車の女御者。ムンディルフェリという男の娘で,マニと姉妹だったが,父がこの美貌の子供たちを自慢して,太陽 (ソル) と月 (マニ) という名をつけたために,神々がこの不遜を罰するために,二人を天にさらってきて,太陽と月の車を引く馬たちを導かせることにしたという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ソル(sol)

太陽日。おもに地球以外の天体における太陽日を意味し、火星探査機の運用などで用いられる。火星の場合、1ソルは24時間39分35秒となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ソル

スペインの作曲家,ギター奏者。バルセロナに生まれ,モンセラート修道院音楽教育を受ける。オペラ作曲家として名を上げたのちマドリードに赴き,ギター奏者,作曲家として活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ソル【Fernando Sor】

1778‐1839
スペインのギター奏者,作曲家。モンセラート修道院で音楽教育を受け,1813年よりギター奏者および作曲家としてパリ,ロンドン,モスクワなどを旅行。27年よりパリに定住。6単弦ギターの確立期(1800‐40)の代表的なビルトゥオーゾとして知られ,《グランド・ソナタ第1番》《同第2番》《序奏とアレグロ》《魔笛の主題による変奏曲》や,メヌエット,練習曲などのギター作品を残した。著書に《ギター奏法》(1832)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソル
そる
Fernando (Macario) Sor
(1778―1839)

スペインの作曲家、ギター奏者。バルセロナ生まれ。35歳のときフランス政治亡命、以後はパリを中心にギタリストおよびバレエ音楽の作曲家として活躍し、パリに没した。彼のギター曲の多くは今日なお「古典」として広く愛好され、代表作に『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲』(1821)、『グランド・ソナタ』(1825)、その他多数の変奏曲、幻想曲、練習曲がある。[関根敏子]
『ジェファリ著、浜田滋郎訳『フェルナンド・ソル、動乱の時代を生きた不滅のギタリスト』(1979・現代ギター社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソルの関連キーワードモンセラートハモンセラーノある貴紳のための幻想曲アンダルシア協奏曲組曲「スペイン」スペイン奇想曲スペインの歌スペインの時スペインの庭の夜スペイン舞曲集

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソルの関連情報