コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大譜表 だいふひょう

大辞林 第三版の解説

だいふひょう【大譜表】

上段にト音譜表、下段にヘ音譜表を組み合わせた二段構えの譜表。ピアノ・オルガン・ハープ・合唱などに用いられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の大譜表の言及

【譜表】より

…反復記号も複縦線の一種である。二つ以上の譜表を連結括弧と長い縦線で上下にそろえてまとめたものを連合譜表ということがあるが,これには大譜表やスコア(総譜)などが含まれる。大譜表はト音譜表とヘ音譜表の二つからなり,とくに鍵盤楽器のための音楽では最も基本的な記譜法である。…

※「大譜表」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone