コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大豆粕(読み)ダイズカス

百科事典マイペディアの解説

大豆粕【だいずかす】

ダイズから大豆油を採った粕。昔は肥料として広く用いられたが,現在は重要な植物性タンパク質飼料として用いられることが多い。このほか,みそ,醤油,化学調味料や,接着剤,水性塗料などの製造にも用いる。
→関連項目油粕ダイズ(大豆)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

だいずかす【大豆粕】

大豆から油を絞りとったあとのかす。まめかす。飼料・肥料とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報