コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大越兼吉 おおこし かねきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大越兼吉 おおこし-かねきち

1867-1905 明治時代の軍人。
慶応3年7月27日生まれ。陸軍教導団にはいり,日清戦争従軍日露戦争では歩兵第六連隊大隊長として沙河会戦などに参加し,明治38年3月7日黒溝台の戦闘で重傷を負い自殺した。39歳。死後陸軍中佐。陸奥(むつ)磐前(いわさき)郡(福島県)出身。陸軍士官学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大越兼吉の関連キーワード明治時代軍人

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android