コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大路一遵 だいろ いちじゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大路一遵 だいろ-いちじゅん

1399-1518 室町-戦国時代の僧。
応永6年生まれ。曹洞(そうとう)宗。10歳で遠江(とおとうみ)(静岡県)大洞院の如仲天誾(じょちゅう-てんぎん)のもとで出家。川僧慧済(せんそう-えさい),大年祥椿(だいねん-しょうちん)に師事し祥椿の法をつぐ。永正(えいしょう)年間遠江久能領主久野宗隆の外護(げご)によって可睡斎を建立した。また越前(えちぜん)(福井県)竜沢寺住持となった。永正15年4月6日死去。120歳。遠江出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大路一遵の関連キーワード戦国時代

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android