コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大道寺直重 だいどうじ なおしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大道寺直重 だいどうじ-なおしげ

1574-1628 織豊-江戸時代前期の武将。
天正(てんしょう)2年生まれ。大道寺政繁の子。北条氏につかえる。天正18年豊臣秀吉の小田原攻めのとき父とともに松井田城をまもったが,前田利家に攻められて降伏した。関ケ原の戦いでは前田利政にしたがい,のち徳川家康の9男義直につかえた。寛永5年死去。55歳。幼名は新四郎。通称は玄蕃頭。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大道寺直重の関連キーワード安土桃山時代(年表)シャルルソテロ真田幸隆アンリ[3世]フランチェスコ1世[メディチ家]ベラール王国伊藤孫右衛門伊藤孫右衛門ウィルビー

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android