コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野拙斎 おおの せっさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野拙斎 おおの-せっさい

1772-1830 江戸時代後期の儒者。
安永元年生まれ。京都にでて梅荘顕常(ばいそう-けんじょう)にまなぶ。寛政11年越中富山藩につかえる。文化9年昌平黌(しょうへいこう)で古賀精里に師事。著作に「清倹堂遺稿」がある。文政13年5月25日死去。59歳。名は鼎。字(あざな)は国宝。通称は十郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大野拙斎の関連キーワード奴隷制廃止運動スマローコフ噺本蕪村ノルウェー文学民衆を導く自由の女神パーマストン(子)ギゾースタンダールフランス史(年表)

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone