コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅荘顕常 ばいそう けんじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅荘顕常 ばいそう-けんじょう

1719-1801 江戸時代中期の僧。
享保(きょうほう)4年5月9日生まれ。臨済(りんざい)宗。宇野明霞(めいか)らにまなぶ。のち京都相国寺の住持。詩文にすぐれ,幕命により対馬(つしま)(長崎県)に赴任し朝鮮との外交文書を作成した。享和元年3月8日死去。83歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。別号大典,竺常,北禅老人など。著作に「昨非集」「小雲棲稿」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

梅荘顕常 (ばいそうけんじょう)

生年月日:1719年5月9日
江戸時代中期;後期の臨済宗相国寺派の僧
1801年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

梅荘顕常の関連キーワード大野拙斎伊藤若冲玉澗元寔生年月日顕常

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android