コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴隷廃止運動 どれいはいしうんどう

2件 の用語解説(奴隷廃止運動の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

奴隷廃止運動【どれいはいしうんどう】

近代における黒人奴隷廃止の動きは啓蒙思想人道主義の立場から始まった。英国では18世紀半ば以後ウィルバーフォースらの努力により,1807年奴隷貿易が禁止され,1838年全奴隷を解放。
→関連項目アメリカ南部連合大西洋奴隷貿易奴隷ナブコ民主党(米国)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

どれいはいしうんどう【奴隷廃止運動】

自由主義思想の高まるなかで,主として19世紀前半,イギリスフランスなどの西ヨーロッパ主要国やアメリカ合衆国で,奴隷貿易および奴隷制の廃止をめざした運動。廃止運動を推進した要因は宗教的・人道主義的なものにとどまらず,経済的・政治的要因が複雑にからみあっていた。さらに,西インド諸島などの海外植民地に奴隷制を敷いていたイギリスやフランスなどと,国内にそれが存在したアメリカの場合とでは,事情がかなり異なっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奴隷廃止運動の関連キーワードカデット河合栄治郎古典学派自由主義自由世界ハイエク大和魂ラサール思想の自由自由思想

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone