コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴隷廃止運動 どれいはいしうんどう

百科事典マイペディアの解説

奴隷廃止運動【どれいはいしうんどう】

近代における黒人奴隷廃止の動きは啓蒙思想人道主義の立場から始まった。英国では18世紀半ば以後ウィルバーフォースらの努力により,1807年奴隷貿易が禁止され,1838年全奴隷を解放。
→関連項目アメリカ南部連合大西洋奴隷貿易奴隷ナブコ民主党(米国)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どれいはいしうんどう【奴隷廃止運動】

自由主義思想の高まるなかで,主として19世紀前半,イギリスフランスなどの西ヨーロッパ主要国やアメリカ合衆国で,奴隷貿易および奴隷制の廃止をめざした運動。廃止運動を推進した要因は宗教的・人道主義的なものにとどまらず,経済的・政治的要因が複雑にからみあっていた。さらに,西インド諸島などの海外植民地に奴隷制を敷いていたイギリスやフランスなどと,国内にそれが存在したアメリカの場合とでは,事情がかなり異なっていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

奴隷廃止運動の関連キーワードカシアス・マーセラス クレイトゥサン・ルベルチュールセアラ・ムーア グリムケ二月革命(フランス)サカテコルカグリムケ姉妹自由主義思想反奴隷制協会ミズーリ協定ビーチャーバクストン南北戦争共和党

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android