コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大長 だいちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大長 だいちょう

1771-1856 江戸時代後期の大工,侠客(きょうかく)。
明和8年生まれ。越中(富山県)の人。賊といえどもくる者はこばまず,人をたすけ,公益につくす。嘉永(かえい)元年庄川に大門橋をかけた。安政3年死去。86歳。幼名は長右衛門。通称は蓮華寺屋伝右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の大長の言及

【豊[町]】より

…古くは伊予国に属したが,室町時代に小早川氏の支配下に入り,近世初期には安芸国に属した。1422年(応永29)の《小早川文書》には〈大条浦〉(現,大長(おおちよう)),〈興友浦〉(現,沖友)など町内の地名がみえる。南東端の御手洗(みたらい)は,近世には廻船などの寄航地としてにぎわい,町場が形成された。…

※「大長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大長の関連キーワードMiniatureGarden広島県呉市豊町大長カメハメハ[大王]神奈川県鎌倉市岩瀬キム ヨンヒョン万福寺にんじん滝野川にんじんオト ブラウン心中天の網島ノーベル製菓大塚にんじん東員(町)梶山 英二長崎長なす紙屋治兵衛いつくし丸大長レモン島田(市)人民解放軍大長みかん

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大長の関連情報