コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪みつば

デジタル大辞泉プラスの解説

大阪みつば

大阪府貝塚市で生産されるミツバ。明治期に堺市中心栽培が始まった。現在は貝塚市が生産の中心。大阪府の「なにわ特産品」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

大阪みつば[葉茎菜類]
おおさかみつば

近畿地方、大阪府の地域ブランド。
主に貝塚市・和泉市・堺市などで生産されている。明治時代に堺市を中心に栽培が始まった。現在は水耕栽培で年7〜8回栽培できるため、周年出荷がおこなわれており、全国有数の生産量を誇る。香りと歯触りが特徴。薬味や炒め物に用いられる。みつばには、根みつば・切みつば・糸みつばがあるが、現在の主流は糸みつば。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

大阪みつばの関連キーワード大阪府貝塚市近畿地方