大阪空港公害事件(読み)おおさかくうこうこうがいじけん

世界大百科事典 第2版の解説

おおさかくうこうこうがいじけん【大阪空港公害事件】

大阪国際空港は大阪府豊中市池田市兵庫県伊丹市の3市にまたがり,空港整備法により1959年7月第1種空港,すなわち国際航空路線に必要な飛行場に指定された。同空港は西日本における民間航空路線網の拠点とされたが,空港の敷地は317haと他の国際空港と比べてきわめて狭く,しかも人家の密集地域に立地されているうえに,発着機の増便と大型化をはかったために,騒音被害などの公害が広範かつ深刻化した。公害被害にたまりかねた離陸側の兵庫県川西市住民は,69年12月国を被告として,午後9時から翌朝7時までの夜間飛行の禁止と過去5年間の損害賠償および航空機の騒音が居住地において65ホン以下になるまでの将来の損害賠償を求め提訴,71年11月には着陸側の豊中市の住民も同様の内容で提訴した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の大阪空港公害事件の言及

【公害】より

…78年7月,環境庁は二酸化窒素NO2の環境基準を緩和した。公害裁判は81年12月の大阪空港公害事件の最高裁判決で,夜間飛行差止めの請求が門前払いをされ,他の裁判の判決も明らかに被害者に不利となり始めた。企業の公害防止投資の推移はこの間の事情を忠実に反映している。…

※「大阪空港公害事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android