大阿闍梨(読み)ダイアジャリ

大辞林 第三版の解説

だいあじゃり【大阿闍梨】

〘仏〙
三密に通じた偉大な阿闍梨。
灌頂かんじようの儀式で中心的役割を果たす阿闍梨。伝法灌頂の阿闍梨。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大阿闍梨の言及

【阿闍梨】より

…密教では大日如来や諸仏菩薩を指す場合もあるが,狭義には灌頂(かんぢよう)の導師および伝法灌頂を受けたものを阿闍梨という。伝法灌頂の導師を大阿闍梨または大阿といい,作法を指導する教授阿闍梨がある。最高指導者としての阿闍梨には菩提心,妙慧と慈悲,兼綜衆芸,般若波羅蜜行,通達三乗,真言実義の理解,衆生心を知り,諸仏菩薩を信じ,受伝法灌頂と曼荼羅の画を解し,性調柔で我執を離れ,決定を得,瑜伽を究習し,勇健の菩提心に住するという13種の徳が要求される。…

※「大阿闍梨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大阿闍梨の関連情報