コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大陽義冲 たいよう ぎちゅう

2件 の用語解説(大陽義冲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大陽義冲 たいよう-ぎちゅう

1282-1352 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)5年生まれ。臨済(りんざい)宗。無為昭元(むい-しょうげん)の法をつぎ,筑前(ちくぜん)(福岡県)承天寺の住持となる。京都東福寺住持をへて観応(かんのう)元=正平(しょうへい)5年南禅寺住持となった。筑前生まれとも越前(えちぜん)(福井県)生まれともいう。観応3=正平7年1月11日死去。71歳。別号に黙庵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大陽義冲

没年:延文1/正平11.1.11(1356.2.12)
生年:弘安9(1286)
鎌倉末期・南北朝期の臨済宗の僧。一説には弘安5(1282)~文和1/正平7.1.11(1352.1.28)。筑前(福岡県)の人。はじめ黙庵と号した。この号は,正和2(1313)年に渡来僧の一山一寧より授かったものである。のち改名,無為昭元に参じてその法を嗣いだ。康永3(1344)年東福寺の第19世となり,観応1(1350)年には南禅寺(第22世)に昇住した。しばしば召されて内裏に昇り,経典の講義を行ったという。また,近江(滋賀県)清涼寺および三河(愛知県)長興寺の開山となり,聖一派の京都周辺地域への展開の先駆けとなった。<参考文献>『大陽和尚行実』(続郡書類従234巻)

(石井清純)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大陽義冲の関連キーワード正韵摂応晋恒淡海昌敬大順宗慎宙外玄杲東海宗朝福島慶道広叔元運向阿済家

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone