コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大須賀胤信 おおすが たねのぶ

1件 の用語解説(大須賀胤信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大須賀胤信 おおすが-たねのぶ

?-1215 鎌倉時代の武士。
千葉常胤(つねたね)の4男。大須賀氏の祖。下総(しもうさ)香取郡大須賀庄(千葉県)の領主。源頼朝の挙兵に父とともに参加。文治(ぶんじ)5年奥州藤原攻めにも従軍した。建暦(けんりゃく)3年和田氏の乱で軍功をたて,甲斐(かい)(山梨県)井上庄をさずけられた。建保(けんぽ)3年9月16日死去。通称は四郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の大須賀胤信の言及

【大須賀氏】より

…中世下総の豪族。平姓千葉氏族。千葉介常胤の四男胤信から始まる。胤信は源頼朝の奥州征伐に際して先鋒を,畠山重忠討滅戦に際して後陣を務めた。子孫は下総国香取郡大須賀保(現,千葉県香取郡大栄町)を根拠に千葉六党の一つとして活躍。陸奥磐城郡好島荘紙谷郷にも所領をもつ。胤信の孫胤氏は鎌倉幕府の命により宝治合戦(1247)に連座した千葉秀胤を上総一宮に攻め滅ぼした。南北朝・室町時代に千葉宗家は衰えたが,千葉一族一揆中の有力者として守護代を務めるなどして活動,上杉禅秀の乱に際しては禅秀側に属し,1416年(応永23)10月千葉一門中として鎌倉米町表に出陣,40年(永享12)3月結城合戦に際しては大須賀越後守が関東公方の復活を策して結城側に参戦した。…

※「大須賀胤信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大須賀胤信の関連キーワード相馬と千葉のつながり国分胤通相馬師常武石胤盛千葉常重千葉常秀千葉常安千葉時常長尾景煕源頼隆

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone