コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大館宗氏 おおだち むねうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大館宗氏 おおだち-むねうじ

1288-1333 鎌倉時代の武将。
正応(しょうおう)元年生まれ。大館家氏の子。上野(こうずけ)(群馬県)新田荘大館郷の領主。新田義貞の鎌倉攻めにしたがう。武蔵(むさし)小手指(こてさし)で北条軍をやぶり,鎌倉極楽寺切通口の大将として,敵将大仏(おさらぎ)貞直の軍とたたかい腰越付近で正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年5月19日討ち死にした。46歳。通称は二郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大館宗氏の関連キーワード大館氏明大仏貞直鎌倉時代正応

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android