コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鳥居菅吉 おおとりい かんきち

1件 の用語解説(大鳥居菅吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大鳥居菅吉 おおとりい-かんきち

1847-1874 幕末-明治時代の武士。
弘化(こうか)4年生まれ。大鳥居理兵衛の次男。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。文久2年脱藩して島津久光にしたがい京都にむかう。途中下関で藩吏に説得され,帰藩後投獄される。翌年釈放され,三条実美(さねとみ)の護衛兵となる。明治2年応変隊四番隊長となるが,大楽源太郎事件で捕らえられ,7年7月13日獄死。28歳。名は信任。号は白圭。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大鳥居菅吉の関連キーワード笹川繁蔵ローゼン鉱化剤女流文学小林清親松山高吉森有礼プルス国沢新九郎中江兆民

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone