コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鳥居理兵衛 おおとりい りへえ

1件 の用語解説(大鳥居理兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大鳥居理兵衛 おおとりい-りへえ

1817-1862 幕末の神職。
文化14年8月22日生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)水田天満宮の神主。嘉永(かえい)5年藩政改革をとなえて謹慎処分となった兄の真木和泉(いずみ)をあずかり,平野国臣(くにおみ)ら尊攘(そんじょう)派とまじわる。文久2年脱藩して京都にむかうが,下関で藩吏に説得され,帰藩途上の2月20日自刃(じじん)した。46歳。本姓は真木。名は信臣。号は平石。通称は利兵衛ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大鳥居理兵衛の関連キーワード村上華雲太田健太郎甲斐右膳鏑木幸雄黒沢巳之助杉浦道輔清家堅庭月雄宮崎元胤六人部是愛

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone