コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鳥居理兵衛 おおとりい りへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大鳥居理兵衛 おおとりい-りへえ

1817-1862 幕末の神職。
文化14年8月22日生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)水田天満宮の神主。嘉永(かえい)5年藩政改革をとなえて謹慎処分となった兄の真木和泉(いずみ)をあずかり,平野国臣(くにおみ)ら尊攘(そんじょう)派とまじわる。文久2年脱藩して京都にむかうが,下関で藩吏に説得され,帰藩途上の2月20日自刃(じじん)した。46歳。本姓は真木。名は信臣。号は平石。通称は利兵衛ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大鳥居理兵衛の関連キーワード黒住教島津久光藩学一覧サイゴン条約カラジョルジェ・ペトロビッチモンローキンダー妙心西川扇蔵(2世)宇田川榕菴

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone