コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天つ風 アマツカゼ

デジタル大辞泉の解説

あま‐つ‐かぜ【天つ風】

大空を吹く風。
「―雲の通ひ路吹き閉ぢよをとめの姿しばしとどめむ」〈古今・雑上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

あまつかぜ【天つ風】

鹿児島の麦焼酎。酒名は、平安時代の歌人・遍昭の歌「天つ風雲の通ひ路吹きとぢよ乙女の姿しばしとどめむ」にちなみ命名。樫樽で5年熟成させた古酒。原料は麦、麦麹。アルコール度数37%。蔵元の「薩摩酒造」は昭和11年(1936)「薩摩合同酒精」として設立。同24年(1949)現社名に変更。所在地は枕崎市立神本町。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

天つ風

鹿児島県、薩摩酒造が製造・販売する焼酎の商品名。麦100%の原酒を樫樽で5年以上長期熟成した本格麦焼酎。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

あまつかぜ【天つ風】

空を吹く風。 「 -雲の通ひ路吹きとぢよ/古今 雑上

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone