コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天倫宗忽 てんりん そうこつ

美術人名辞典の解説

天倫宗忽

江戸前期の臨済宗の僧。大徳寺二百十八世。丹後生。元禄10年(1697)寂、72才。諡号は国英法鑑禅師。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天倫宗忽 てんりん-そうこつ

1626-1697 江戸時代前期の僧。
寛永3年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都大徳寺の清巌宗渭(そうい)に師事し,その法をつぐ。延宝3年大徳寺住持。和泉(いずみ)(大阪府)祥雲寺,南宗寺をへて,元禄(げんろく)2年江戸の東海寺にはいった。元禄10年6月22日死去。72歳。丹後(京都府)出身。俗姓上月。号は不可得叟。諡号(しごう)は国英法鑑禅師。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

天倫宗忽の関連キーワード大心義統宗忽

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android