コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清巌宗渭 せいがん そうい

2件 の用語解説(清巌宗渭の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

清巌宗渭

安土桃山・江戸前期の臨済宗の僧。大徳寺百七十世。近江生。姓は佐々木、宗渭は諱、自笑子・孤陋子と号する。謚号は清浄方然禅師。大徳寺の玉甫紹琮に参禅、ついで賢谷宗良の法嗣となり、大徳寺の住職となる。のち、品川東海寺住職となった。書は張即之の影響を強く受け、画も能くした。寛文元年(1661)寂、74才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清巌宗渭 せいがん-そうい

1588-1662* 江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)16年生まれ。臨済(りんざい)宗。賢谷宗良(けんこく-そうりょう)の法をつぐ。京都大徳寺,江戸品川東海寺の住持となる。書画にすぐれ茶道に通じた。千宗旦(そうたん)参禅の師。寛文元年11月21日死去。74歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。俗姓は佐々木。号は自笑,孤陋(ころう)。諡号(しごう)は清浄本然禅師。著作に「清巌禅師十八ケ条」(茶事の心得)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

清巌宗渭の関連キーワード万霊光誉大橋宗伝急西順専乗阿忠尊伝長中山意三必夢妙庵

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone