コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天山山地 てんざんさんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天山山地
てんざんさんち

佐賀県中部にある山地。花崗岩からなり,天山 (1046m) および東方の彦岳 (845m) を中心とする。脊振山地が南西に延びた一部で,川上川 (→嘉瀬川 ) 断層谷を隔てて脊振連峰と対峙し,南は佐賀平野に臨む。天山県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の天山山地の言及

【脊振山地】より

…北寄りの雷山(らいざん)山地(狭義の脊振山地)は福岡・佐賀両県の県境となり,脊振山地の最高峰の脊振山(1055m),雷山(995m)がある。南西部には天(てん)山(1046m)を最高峰とする天山山地が位置している。雷山・天山両山地の間は標高500m前後の高原状の地形である。…

※「天山山地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天山山地の関連キーワード小城市小城

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android