コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天山県立自然公園 てんざんけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天山県立自然公園
てんざんけんりつしぜんこうえん

佐賀県中部,天山山地の主峰天山 (1046m) を中心とする自然公園。面積 49.30km2。 1970年指定。天山および西の作礼山 (887m) と見帰の滝,東の彦岳 (845m) と山麓の清水の滝を含む。天山は秀麗な山容で,肥前アルプスとも呼ばれ,頂上に南北朝の動乱期に自刃した南朝方の阿蘇惟直の供養塔がある。南斜面の天山神社まで自動車道がつくられ,小城市晴気,多久市岸川が登山口。作礼山は山頂に海神彦山権現を分祠した作礼権現社,キャンプ場があり,見帰の滝はその西麓にある。作礼山の登山口は唐津市牧瀬。天山から東へ尾根づたいに市ノ川峠を経て彦岳に達し,そのふもとの清水の滝,観音堂にいたるルートもある。山麓一帯はミカン園が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

天山県立自然公園の関連キーワード佐賀市富士小城厳木

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android