コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉瀬川 かせがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嘉瀬川
かせがわ

佐賀県中部,県下最多雨地の脊振山地に源を発し,佐賀平野を南に貫流し,有明海に注ぐ川。県下最長の川で,本・支流の延長 168km。『肥前国風土記』に佐嘉川の名で記されている。古来佐賀平野の「母なる川」と呼ばれ,流域面積 368km2は多くの水田を潤している。上流を川上川と呼び,峡谷美に富み,古湯温泉熊ノ川温泉があり,北山ダム周辺はレクリエーション地となっている。川は山間の断層谷を流れ,中流域で佐賀と福岡,唐津を結ぶ国道 263号線,323号線が河道に沿って通じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かせ‐がわ〔‐がは〕【嘉瀬川】

佐賀県中央部を流れる川。福岡県・佐賀県の県境にある背振(せふり)山地の金山(かなやま)(標高967メートル)付近に源を発していくつかの支流を合わせて南流し、佐賀平野中央部を経て有明海に注ぐ。長さ57キロ。上流にある支流の川上川に景勝地「川上峡」がある。湾口に干拓地が広がる。佐賀市嘉瀬町の河川敷では熱気球の国際大会(バルーンフェスタ)が開かれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かせがわ【嘉瀬川】

福岡・佐賀県境の脊振(せふり)山地から南流して佐賀平野を貫流,有明海の湾奥部に注ぐ川。幹川流路延長57km,全流域面積368km2。佐賀市街地に流入する多布施(たふせ)川への旧分水地点,石井樋(いしいび)付近より上流は川上川とも呼ぶ。8世紀の《肥前国風土記》には佐嘉川とある。上流の北山(ほくざん)ダム(1957完成)は佐賀平野の干害・水害防止,水力発電に役立つ。山間部水系には古湯,熊ノ川の温泉地がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県〕嘉瀬川(かせがわ)


佐賀県中部を流れる川。脊振(せふり)山地の金山(かなやま)(標高967m)南東方に源を発し、筑紫(つくし)平野を南流して有明(ありあけ)海の湾奥に注ぐ。1級河川(嘉瀬川水系)。延長57km。流域面積368km2。源流部の北山ダムは筑紫平野諸都市の水源に利用される。上流部は川上(かわかみ)川ともよばれる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嘉瀬川
かせがわ

佐賀県の中央部を流れる川。延長57キロメートル、流域面積368平方キロメートルの一級河川。福岡・佐賀県境三瀬(みつせ)峠付近に源を発し、脊振(せふり)山地南斜面の花崗岩(かこうがん)山地を流れるいくつもの支流を集めて南流、川上(かわかみ)峡(佐賀市大和(やまと)町地区)を経て佐賀平野中央部を南流し、途中天山(てんざん)南東部に源を発する祇園(ぎおん)川と合流して有明(ありあけ)海に注ぐ。佐賀市街を流れる多布施(たふせ)川の旧分水地点の石井樋(いしいび)付近から上流は川上川ともいう。『肥前国風土記(ひぜんのくにふどき)』には佐嘉(さか)川とある。上流に1957年(昭和32)完成の北山(ほくざん)ダムがある。この北山貯水池の水は、川上頭首工(とうしゅこう)で佐賀市ほか平野部諸市町に配分する。2012年(平成24)新たに嘉瀬川ダムが佐賀市富士町地区に完成。山間部水系には水力発電所が点在し、古湯(ふるゆ)、熊ノ川の温泉地もある。川上峡付近は川上金立(きんりゅう)県立自然公園の拠点で、渓谷美と史跡に富み、ホテルなどの諸施設も立地。下流の旧河港嘉瀬津(かせつ)付近は蛇行部の河川改修で旧河道となり、いまは森林公園となっている。河口に干潟が広がる。[川崎 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嘉瀬川の関連情報