コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断層谷 だんそうこく fault valley

4件 の用語解説(断層谷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

断層谷
だんそうこく
fault valley

断層運動の結果生じた。構造谷の一種。谷の両側に正断層がある場合は地溝,一方側だけに断層がある場合は断層角盆地の性質をもつ。伊那谷,木曾谷,紀ノ川の谷などがその例。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だんそう‐こく【断層谷】

断層の変位によって生じた谷。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だんそうこく【断層谷】

断層の直接の結果として生じた谷。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

断層谷
だんそうこく

断層の変位で生じた谷をいう。この谷の特徴は、(1)一つの谷が直線または弧状をなして長く延びている。(2)多くの谷が一直線状に配列し、谷中の低い分水界で隔てられ、反対方向に流れ、対頂谷をなしている場合もある。(3)直線状の谷の両側に異なる高さの断層崖(がい)がある、などである。断層谷は、断層崖の前面に傾動地塊盆地が形成された場合や、狭い地溝が形成されたときに生ずる。[有井琢磨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の断層谷の言及

【横谷】より

…横谷を生じる原因としては次のようなものがある。山脈の延長方向と直交する方向の断層運動により断層谷を生ずる場合。断層に沿って選択浸食が働き断層線谷を生ずる場合(断層地形)。…

【谷】より

…とくに氷河底で行われる岩盤の削剝作用や谷氷河の谷頭にできる椀形のカール(圏谷)の拡大に凍結破砕作用が大きな役割を果たしていると考えられているが,不明な点も多い。
[構造谷]
 構造谷の大部分は断層運動が原因となってできた断層谷である。紀ノ川,吉野川などの谷はその代表例である。…

【断層】より

…この崖は断層線崖と呼ばれ,変動地形には含まれないが断層地形の一つである。断層谷とは断層運動によって生じた谷であり,一方,断層線谷は断層破砕帯に沿って浸食が進んだ谷のことをいう。このほかにも,地溝,地塁,断層池,断層湖,断層海岸線,断層角盆地,断層盆地,断層山地など断層地形の用語は多い。…

【断層地形】より

… 凹地形とは,断層運動によって地表面が沈降して生じた地形である。その起源が断層変位による凹地を断層谷といい,断層線沿いに細長く延びる。規模の大きな活断層では明瞭な断層谷が発達していることが多い。…

※「断層谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

断層谷の関連キーワード鏡肌断層崖断層湖断層山地断層盆地構造地震構造谷断層運動配当準備金横ずれ断層運動

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone