天度(読み)てんど

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐ど【天度】

〘名〙 経緯の度数。一昼夜に天が動く単位を天の一度とし、暦の一日とする。
※菅家文草(900頃)一・八月十五夜、厳閤尚書、授後漢書畢「若夫中扶一、天度之起可知。記事籠群、日官之用爰立」
乾坤弁説(1656)利「故に日の周天を旋り尽すを以て一年とし、一年の日数を以て天度を測る」 〔黄帝内経素問‐六節蔵象論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天度の関連情報