コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天徳内裏歌合 てんとくのだいりのうたあわせ

世界大百科事典 第2版の解説

てんとくのだいりのうたあわせ【天徳内裏歌合】

村上天皇が960年(天徳4)3月30日に催した最も盛大な内裏歌合。913年(延喜13)の《亭子院歌合(ていじのいんのうたあわせ)》にならってさらに儀式を整え,後世の模範となった。歌題は霞,鶯(2),柳,桜(3),山吹,藤花,暮春,初夏,郭公(2),卯花,夏草,恋(5)の12題20番。作者には藤原朝忠源順壬生忠見大中臣能宣平兼盛藤原元真,中務ほか当代一流の歌人が名を連ね,歌題,調度,服色,音楽にいたるまで,村上天皇の優れた趣味性が発揮されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

天徳内裏歌合の関連キーワード宋(中国の王朝(960~1279))イタリア語趙匡胤宋代美術九暦中国史特別背任罪藤原師輔