コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天徳内裏歌合 てんとくのだいりのうたあわせ

1件 の用語解説(天徳内裏歌合の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てんとくのだいりのうたあわせ【天徳内裏歌合】

村上天皇が960年(天徳4)3月30日に催した最も盛大な内裏歌合。913年(延喜13)の《亭子院歌合(ていじのいんのうたあわせ)》にならってさらに儀式を整え,後世の模範となった。歌題は霞,鶯(2),柳,桜(3),山吹,藤花,暮春,初夏,郭公(2),卯花,夏草,恋(5)の12題20番。作者には藤原朝忠,源順,壬生忠見大中臣能宣平兼盛藤原元真,中務ほか当代一流の歌人が名を連ね,歌題,調度,服色,音楽にいたるまで,村上天皇の優れた趣味性が発揮されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天徳内裏歌合の関連キーワード延元康保天徳天徳四年内裏歌合藤原脩子藤原有序昌平親王源計子楽子内親王理子内親王(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone