天恩日(読み)てんおんにち

精選版 日本国語大辞典 「天恩日」の意味・読み・例文・類語

てんおん‐にち【天恩日】

〘名〙 民間暦でいう吉日の一つ。この日は天から恩沢が下り、任官婚礼などの慶事を行なうのに大吉とされる。甲子(きのえね)己卯(つちのとう)己酉(つちのととり)から数えて各五日間、合わせて一五日間がこれにあたる。一説に、正月は丑の日、二月は寅の日、三月は卯の日というようにして一二月は子の日がこれであるともいう。天恩。〔暦林問答集(1414)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「天恩日」の意味・読み・例文・類語

てんおん‐にち【天恩日】

暦注の一。天の恩恵で万民が福を受けるという最上吉日。天恩。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android