天恩日(読み)テンオンニチ

大辞林 第三版の解説

暦注の一。万事に吉とする日。干支が甲子きのえねから、戊辰つちのえたつと続く五日、己卯つちのとうから癸未みずのとひつじまでの五日、己酉つちのととりから癸丑みずのとうしまでの五日。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 民間暦でいう吉日の一つ。この日は天から恩沢が下り、任官・婚礼などの慶事を行なうのに大吉とされる。甲子(きのえね)、己卯(つちのとう)、己酉(つちのととり)から数えて各五日間、合わせて一五日間がこれにあたる。一説に、正月は丑の日、二月は寅の日、三月は卯の日というようにして一二月は子の日がこれであるともいう。天恩。〔暦林問答集(1414)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android