コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天気祭(り) テンキマツリ

2件 の用語解説(天気祭(り)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんき‐まつり【天気祭(り)】

長雨の際、晴天を祈って行う祭り。冷害を受けやすい山間部などに多い。日申し。日和(ひより)申し。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天気祭
てんきまつり

晴天を祈願する祭り。雨乞(あまご)いの反対。日和(ひより)乞い、日和申しなどともいう。農村では作物のためにしばしばその必要があった。山口県萩(はぎ)市付近では、てるてる坊主に似た日和坊主という白いぼて玉を軒に吊(つ)るす。福岡県小倉(こくら)(現北九州市)にも日和坊主というものがあり、しゃくしに目、鼻、口を半分ずつ書いて吊るすという。岡山県阿哲(あてつ)郡上刑部(かみおさかべ)村(現大佐(おおさ)町)では、アマアゲといって山中の淵(ふち)へ行き、竜宮といわれる祠(ほこら)の前で雨のあがるのを祈るという。[大藤時彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天気祭(り)の関連キーワード記念祭私祭神祭中祀照る照る坊主牛神祭御田植祭陰祭蚕霊祭宵祭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone