コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天然ものと養殖もの(読み)てんねんものとようしょくもの

食の医学館の解説

てんねんものとようしょくもの【天然ものと養殖もの】

スーパーなどで売られている魚介類には、産地と「養殖」というような文字が記されています。
 では、どんなものが養殖されているのでしょうか。
 代表的なものは、ハマチ、タイ、イカ、サザエアサリなどです。ウナギカキ、ノリに関しては、100%養殖ものが市場を占めています。天然ものがいかに貴重なのか、改めて認識できます。
 そこで、魚の養殖ものと天然ものの見分け方も知っておきたいですね。
 いちがいには語れませんが、総じていえば、天然ものは、目や口先が鋭く険しい感じがします。また、尾びれなどキレがよく、全体的にスマートな体型をしています。
 一方、養殖ものは、全体に脂肪がつくため肉づきがあり、鋭さに欠けます。また、目も穏やかな感じがします。
 なにより決定的に異なるのは値段! 天然ものにくらべ1/2~1/3と安価です。

出典 小学館食の医学館について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android