コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天然色映画 テンネンショクエイガ

2件 の用語解説(天然色映画の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんねんしょく‐えいが〔‐エイグワ〕【天然色映画】

自然の色彩を画面に現した映画。白黒映画が主流であったころの語。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の天然色映画の言及

【カラー映画】より


[初期のカラー映画]
 スクリーンに〈色〉や〈音〉を加えたいというのは,映画が生まれて以来の人々の願望であり,はやくからそのための努力と試みが繰り返された。カラー映画color filmと呼ばれるものには,技術的に大別すれば,白黒の画面に着色した〈彩色映画〉と,写真技術によって被写体そのままの色を再現した〈天然色映画〉がある。〈彩色映画〉には,染料でポジティブの一部分あるいは全体を染色tintingする方法と,ポジティブの画像を調色toningする方法がある。…

※「天然色映画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天然色映画の関連情報