コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天燈鬼・竜燈鬼像 てんとうき・りゅうとうきぞう

1件 の用語解説(天燈鬼・竜燈鬼像の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天燈鬼・竜燈鬼像
てんとうき・りゅうとうきぞう

奈良,興福寺に伝わる滑稽味豊かな2匹の鬼の彫刻。国宝。仏前に灯火を献じている姿を表わす。竜燈鬼の胎内には建保3 (1215) 年に運慶の3男康弁が造立した旨の銘文が墨書されている。鬼の像高はそれぞれ約 77cm。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天燈鬼・竜燈鬼像の関連キーワード淳専衆徒華原磬寺宝南都陀々堂の鬼はしり覚昭品慧隆禅隆遍(2)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone