コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天燈鬼・竜燈鬼像 てんとうき・りゅうとうきぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天燈鬼・竜燈鬼像
てんとうき・りゅうとうきぞう

奈良,興福寺に伝わる滑稽味豊かな2匹の鬼の彫刻。国宝。仏前に灯火を献じている姿を表わす。竜燈鬼の胎内には建保3 (1215) 年に運慶の3男康弁が造立した旨の銘文が墨書されている。鬼の像高はそれぞれ約 77cm。竜燈鬼には切抜銅板の眉を植え,歯牙には水晶を用い,天燈鬼の眉には筋毛を植付けるなど技巧を凝らしている。両像とも隆々たる筋肉の表現や,鬼の面相など,鎌倉時代写実主義から生れた傑作。もとは西金堂に安置されていたが現在は霊宝館にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android