書付(読み)かきつけ

精選版 日本国語大辞典「書付」の解説

かき‐つけ【書付】

〘名〙
① 文字などを書きしるすこと。また、その書きしるした文字や文書。
※栄花(1028‐92頃)衣の珠「花籠や、折櫃物など、殿上人などにの給はせたれば、皆かきつけをしつつ参らせたり」
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉停留所「婆さんの其時の言葉を〈略〉参考の為わざわざ書(カ)き付(ツケ)にして机の抽出に入れて置いた」
② 江戸時代、将軍や老中など上からの命令を伝えた公文書。おかきつけ。また、下からの伺い、意見書、報告書など。
※財政経済史料‐一・財政・諸費・諸役所定額費・弘化元年(1844)二月「御勝手向御主法被仰出候以来、向々より申上候書付御下御座候に付、夫々評議申上候」
③ 証拠になるようなことを書いた紙片。勘定書や証文の類。
※浄瑠璃・博多小女郎波枕(1718)長者経「お独びとり顔に書付張付けたい」
④ 江戸時代、吉原の台の物屋から、毎日遊女屋へ配る料理の献立表。遊女らはこれによって自分の好むものを注文する。
※洒落本・傾城買四十八手(1790)やすひ手「ときに是ばかりじゃあさへねへ書付(カキツケ)をとりにやりやな」
⑤ (金額が書き付けてあるところから) 金包み。
※歌舞伎・百千鳥鳴門白浪(1797)二「ト金包みを抛る、皆皆取上げて見て、『この書付は』『今宵の符牒ぢゃ』」

かき‐つ・ける【書付】

〘他カ下一〙 かきつ・く 〘他カ下二〙
① ちょっとした事柄を書いておく。かいつく。
※万葉(8C後)七・一三四四「ま鳥棲むうなての森の菅(すが)の根を衣(きぬ)に書付(かきつけ)着せむ子もがも」
※源氏(1001‐14頃)花宴「『世に知らぬ心ちこそすれ有明の月のゆくへをそらにまがへて』とかきつけ給ひておき給へり」
② 書きなれている。「書きつけない筆で署名する」

かい‐つ・く【書付】

〘他カ下二〙 (「かきつく(書付)」の変化した語) =かきつける(書付)
※大和(947‐957頃)一六三「菊召しければ奉りけるついでに『植ゑし植ゑば秋なき時や咲かざらむ花こそちらめ根さへ枯れめや』とかいつけて奉りける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「書付」の解説

かき‐つけ【書(き)付(け)】

心覚え・記録などのために書きしるしたもの。
金銭の貸借などを証明する書類。勘定書。証文。「書き付けが証拠になる」
江戸時代、将軍老中命令を伝えた公文書

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「書付」の解説

かきつけ【書付】

文字などを少し書き記したものを広く書付と称したが,江戸時代には幕府や大名家で上からの下達・申渡しや下からの伺い・意見を記した公式文書に〈御書付〉の呼称が用いられた。とくに江戸幕府が大名らに指令を下す場合,初期には老中奉書をもってなされたが,元禄時代ごろになると,より簡便な様式を有する老中御書付がこれに代わっていった。老中御書付は奉書紙を横半截した切紙の形をもち,伝達内容のみが記され差出・宛所の記載も省略されており(宛所の必要なものは文書のに記される),老中よりの口頭伝達を文字化した覚書としての性格をもっていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の書付の言及

【御触書集成】より

…御触書は老中,若年寄の合議体である御用部屋で方針を定め,奥右筆組頭が調査,起案し,将軍の裁可によって制定法となる。表右筆は書付(かきつけ)と称するその写しを作成し,支配の筋に応じて諸方面に配布した。大名には大目付が殿中で渡し,あるいは留守居を老中宅に召して手交した。…

【貞享書上】より

…江戸中期,幕府が諸家に書き上げさせた系譜。貞享書付,貞享諸家書付,諸家書付,書付ともいう。40余袋が長持2棹にあり,《元治増補御書籍目録御家部》には146巻5通3帖115冊とあるが現存しない。…

【達】より

…したがって一般的な法規よりも,一回限りの具体的処分や,部内の訓令・通達というべきものが多かった。諸役から発せられた達のうちでは,老中の達がもっとも重要であり,これは将軍の裁可を経たのち,書付(かきつけ)と呼ばれる書面にして名あて人へ交付された。老中が城中で直接手交する場合もあったが,大名あてであれば留守居(るすい)を老中宅へ召じて伝達することもあり,また幕府諸役あてであれば同朋頭(どうぼうがしら)を通じて渡すこともあった。…

※「書付」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android