コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康弁 こうべん

4件 の用語解説(康弁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

康弁
こうべん

鎌倉時代前期の慶派正系の仏師。仏師法橋康弁。運慶の3男。父に従って兄湛慶らと教王護国寺の『仁王・二天像』 (1198頃) ,興福寺北円堂の諸像を造顕 (1208) 。代表作として建保3 (15) 年4月造像の興福寺天燈鬼・竜燈鬼像』 (国宝) があり,慶派の作風を伝える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

康弁【こうべん】

鎌倉初期の仏師。運慶の三男と伝えられる。1215年に造った興福寺の天灯鬼・竜灯鬼(木彫)が唯一の遺品で,写実的手法のうちに力強さとユーモアを感じさせる傑作。
→関連項目慶派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

康弁 こうべん

?-? 鎌倉時代の仏師。
運慶の3男。建久8年(1197)ごろ父のもとで京都東寺の仁王像,二天像づくりに従事。建暦(けんりゃく)2年完成の奈良興福寺北円堂の広目天もつくった。力感あふれる写実でしられ,興福寺の竜灯鬼像は唯一のこる康弁銘の作品である。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうべん【康弁】

鎌倉前期の仏師で,運慶の三男。生没年不詳。1198年(建久9)ごろ父運慶に従って東寺の仁王,二天像の製作に当たり,1208年(承元2)の興福寺北円堂像の造営には四天王のうち西方天の頭仏師となり,15年(建保3)には興福寺西金堂の竜灯鬼,天灯鬼を造っている(天灯鬼は別人の作とする説もある)。これは工芸的な技法を駆使した小像ではあるが,人体表現も的確で,鎌倉彫刻らしい力強さと諧謔性とを備えた作で,彼の力量がうかがわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

康弁の関連情報