コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天神囃子(てんじんばやし)

2件 の用語解説(天神囃子(てんじんばやし)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

天神囃子(てんじんばやし)

新潟県、魚沼酒造株式会社の製造する日本酒。純米吟醸酒「縄文の響」、吟醸酒「吟麗」などがある。平成21酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

てんじんばやし【天神囃子】

新潟の日本酒。酒名は、地元に伝わる祝い歌「天神囃子」に由来。新潟酒では珍しく甘口の酒を醸す。「縄文の響」は、亀の尾を原料米に使用した純米吟醸酒。ほかに大吟醸酒、吟醸酒、特別純米酒、特別本醸造酒、普通酒がある。原料米は五百万石など。仕込み水は魚沼山系の伏流水。蔵元の「魚沼酒造」は明治16年(1883)創業。所在地十日町市中条丙。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天神囃子(てんじんばやし)の関連キーワード清正想天坊花の舞ふじの井旭明鶴潟の井さか鶴奴奈姫福稲酔星

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone