コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天神囃子(てんじんばやし)

デジタル大辞泉プラスの解説

天神囃子(てんじんばやし)

新潟県、魚沼酒造株式会社の製造する日本酒純米吟醸酒縄文の響」、吟醸酒「吟麗」などがある。平成21酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞受賞

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

てんじんばやし【天神囃子】

新潟の日本酒。酒名は、地元に伝わる祝い歌「天神囃子」に由来。新潟酒では珍しく甘口の酒を醸す。「縄文の響」は、亀の尾を原料米に使用した純米吟醸酒。ほかに大吟醸酒、吟醸酒、特別純米酒、特別本醸造酒、普通酒がある。原料米は五百万石など。仕込み水は魚沼山系の伏流水。蔵元の「魚沼酒造」は明治16年(1883)創業。所在地は十日町市中条丙。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

天神囃子(てんじんばやし)の関連キーワード新潟県新潟

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天神囃子(てんじんばやし)の関連情報